このブログは?
イベントプロデュース会社
T Plan」の仲間達のブログ。
仕事やプライベートでの出来事をマイペースに綴っていきます。








mobile-hader_20170527_120-75px.jpg



NEWS
★as4M LIVE情報
2018.4.7(土)
Paradise cafe
>>>詳しくはコチラ

2018.5.12(土)
Music Live Restaurant Bar ヤンガー・ザン・イエスタデイ
>>>詳しくはコチラ

【MVオンエアー情報】
Far away』MV。 是非ご覧ください!
>>>詳しくはコチラ

★CD情報
好評発売中!
as4M with TOMOKO『GOGO!』

>>>購入はこちら!

as4M
『素敵なあなた』

『memories』

>>>購入はこちら!

『Far away』視聴できるようになりました。


無限水30周年記念アルバム
『30th 無限水』発売中!
>>>購入はこちら!

【as4M】
セカンドミニアルバム
『for You』発売中!
購入はこちら!

デビューミニアルバム
『SMILE』発売中!
購入はこちら!
Links
Search
mobile
qrcode
New Entries
Menu
Message
★candleをご購入頂いた皆さん、ありがとうございました。
今年のキミに感謝する、来年の夢を記録する、thanks candle。次回もまた書いてください。
やがてこの輪は日本中に広がっていくと思います。
RSSATOM
そして神戸〜1・17 
  「雪の心配はドウやら杞憂に終わる」と確信できたのは15日の深夜、キャンドルを積み、我々を乗せた車が静岡を過ぎやがて浜名湖に差し掛かろうという頃だったろうか。実は今回のことがあるまで知らなかったんだけれど、名古屋からは名神高速だけでなく第2名神と呼ばれてもおかしくない道路がすでにある。名古屋市に入る手前の豊田で東名を外れ、伊勢湾の一番奥、名古屋港を横切り、西に進み桑名・四日市から東名阪、さらに亀山からは新名神高速道路。草津で再び名神と合流するもすぐに京滋バイパスへ・・・・のあたりで眠くなって、気が付いたらもう神戸だった。神戸着、午前4時。当然のことながら会場には警備員しかおらずボクらは仮眠のできるところに移動することにした。
 翌朝、10時半頃にキャンドルを実行委員会に納品(寄付)し、車とドライバーさんはそのまま帰浜の旅に、ボクはぶらぶらしながら堀内さんを待つことにした。
 ここ神戸市中央区東遊園地(三宮)には前にも来たことがある。かれこれ20年近く前になるがその頃、野外彫刻の調査をしていて2度だか3度、この遊園地(公園)も訪れた。公園の北側、市役所の近くに「マリーナ像」(故新谷紀〈ユウキ〉さんの作品)と言うのがある。時計を抱いた金色の女神の像、あれかと思われる方もいらっしゃるかも。震災の時、被害にあって倒壊したがそののち再び現在の位置に設置された。しかし抱えていた時計の針は、それまでと違って地震が起きた時刻を指したままとなっている。ボクの記憶ではこの像は三宮の駅前の交差点にあったと思うのだけど。
 この遊園地(神戸ではそうネーミングされているけど、実は公園)にはこの像だけでなく震災の記憶を表しているものが他にもある。代表的なものは震災のモニュメントだが、その目の前には『1・17希望の灯り』が24時間、絶えることのない炎をともし続けている。現在の神戸市民のアイデンティティがここにはある。そう思っても何の支障もないと思う。
 やがて堀内さんが昔の面影を残したまま、本当はボク等と変わらぬ爺さんなのに、若々しく登場する。30年の時が経っているなんて嘘のようだ。我々の持ってきたキャンドルが気品にあふれていると言って過大な感謝の意を伝えてくれた。さらに「ガンバロウ神戸」から「1.17希望の灯り」への変遷や東日本大震災の時の「たすきプロジェクト」に至るまで、何でもなかったかのように話してくれた。「希望の灯り」や「たすきプロジェクト」についてはホームページがあるので詳しくはそちらを見ていただいた方が間違いがない。ただ、皆さんもお分かりと思うけどこういったNPO法人やボランティア団体を運営するにはとてつもないエネルギーが必要で、大変多くの困難や苦労があり、そのマネージメントは労多くしてなかなか報われない。20年近くもその活動を支えてきた堀内さんには同じような裏方として、自然と頭が下がります。
 16日の午後になると、公園に並べられた竹筒、皆さんのメッセージが込められ竹筒に水が張られ、キャンドルを浮かべ、17日の午前5時には集まった市民の皆さんにより希望の灯りがキャンドルに点灯されました。一人が二人に灯を分け、その二人はまたその次の二人にわけ、その輪が広がりすべてのキャンドルがともされます。やがてテレビによって「1.17」の文字が明けきらない神戸の公園に浮かび上がる様が全国に放映されることになります。
 今、この「希望の灯り」が陸前高田、南相馬、大槌の3か所にも分灯されているのをご存知でしょうか。復興を急ぐこの町で「希望の灯り」は新しいその地のシンボルとして、市民・町民に希望を感じさせるだけでなく、新らたに、観光客の集客にも一役買っているそうです。この日、前の日から神戸に戻った3地区の分灯の灯を合体させ、17日の点灯に備え、メディアへの情報提供をすることが堀内さんのミッションでした。
 災害の被災者だけでなく、事件、事故などで突然身内や親しい人を失ってしまった人たちのために「希望の灯り」が全国に設置されていくかもしれません。人の気持ちをつなぐ作業にボク達のキャンドルが役に立つことがあれば、こんな嬉しいことはありません。(q)
posted by: q | Thanks Candle | 23:13 | comments(0) |-









この記事のトラックバックURL
http://www.blog-yokohama.com/trackback/137
トラックバック